ぷらす 作業クラス ミシン制作

作業クラスでは、学期末・長期休みにミシン練習をします。

小学校5年生から始まる家庭科に向けての取り組みです。


今回は、あるお子さんの紹介をします。

小学校3年生の2学期末に初めてミシンに触りました。

最初は、練習でぞうきんを作ったIさん…



ぞうきんを作ったあと、ミシンを使って作品を作りたいと話してくれました。

「お母さんがスマホを入れるポーチが欲しいと言っていたからそれをつくりたい。」

なんと、作りたいものは自分の物ではなく、お母さんへのプレゼントでした。


そこからゆっくり時間をかけて、4年生の9月に完成しました。




最初は予定していなかった、ポケットやスナップボタンはお母さんが使いやすいようにIさんが自分からアイディアを出してくれました。難しいスナップボタン付けも、がんばって挑戦しました。


お母さんも、「何を作っているのかな?と思っていたら、思った以上に立派なポーチでした。大事に使わせてもらいます。」と喜んでいました。


Iさんのがんばりに拍手!

特集記事
最新記事
アーカイブ