作業クラス☆ダンボールガチャ


作業クラスでがんばった、3年生の男の子の力作をご紹介します。

「ダンボール☆ガチャガチャ」です。

少しずつ、自分の力で作っていきました。

完成した後、ご本人にインタビューをしました。

Q:ダンボールガチャを作ってみないか?と提案された時の気持ちは?

A:面白そうと思った。

Q:作っていて面白かったところは?

A:(カプセルが下に落ちるための)仕組みをつくるところ。

Q:難しかったところは?

A:ダンボールを切るところ。(硬かったので、切るのに苦戦した。)

Q:できたときの感想は?

A:嬉しかった。

Q:カプセルの中身は何を入れますか?

A:あめとか、(自作)ゲームで使うビー玉とか…クイズもいいかもしれない。

Q:誰に試してもらいますか?

A:家族とか、ぱれっと・おんがのほかの先生、学校の先生とか…

Q:使ってみて、アドバイスはありますか?

A:カプセルの数は4~5個くらいがスムーズです。

一つ一つの質問に、しっかりと答えてくれました。

楽しみながら作品を作ることが一番大事なことでしたが、他にも

難しい工程がある中でがんばって完成すること。

工作を通じて、自分の気持ちを表現すること(今回はインタビュー形式で振り返りました)。

出来上がった作品を持ち帰り、その後、実際に楽しむこと   等。

ご本人が得たものはたくさんあったのではないかと思っています。

男の子は、次に取り組む作品を先日決めました。

新しい作品も、がんばって作っていきましょうね。

※作業クラスは、工作だけをするクラスではありません。

お子さんが、生活する中で行うあらゆる活動が対象になります。

遊びを通しての運動、指先運動、学習要素、工作・制作、学校で使う教具の練習(定規・コンパス・彫刻等やミシンなど…)、趣味活動etc…

どんな活動をするのかは、ご本人と親御さんと話し合いながら進めています。興味があるかたはお気軽にお問い合わせください。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
  • facebook
  • Twitter Round
  • googleplus
  • flickr